全国最多の重伝建地区いしかわの八ヶ所めぐり1泊2日

全国最多の国指定の「重要伝統的建造物群保存地区」。石川県内の八ヶ所を1泊2日で尋ねます。石川県の中央に位置する金沢市内に宿泊します。重伝建以外にも伝統的建築物や近代的な建造ぶつもご堪能ください。

もっと読む

湯涌温泉氷室開き・金沢のNEWスポットと「のどぐろ」ステーキランチ

開湯1300年、藩政時代にはお殿様の湯浴び場として、大正6年には竹久夢二が笠井彦乃と至福の日々を過ごしました。この金沢の奥座敷と呼ばれる湯涌温泉で、年に1日だけの貴重な行事「氷室開き」を見学してみませんか。

もっと読む

本物の九谷焼と温泉日帰り

焼き物に造詣の深い方なら どなたも憧れる九谷焼。人間国宝や日展作家が作り上げた「本物の九谷焼」に出会ってみませんか。代々続いた窯元の当主より説明をうけ、さらに造詣を深め 希望があれば「絵付け体験」や「本物の九谷焼」を割安にて購入することもできます。
 「食」では 北陸の旬の魚介類のおいしさは定評があります。温泉入浴と旬の料理で心と体をリフレッシュしませんか、開湯養老2年の粟津温泉で一流旅館でのひと時を提供します。

もっと読む

義経・源平ゆかりの地と「料亭まつや」で昼懐石

 兄の頼朝に追われる身となった義経は、幼い頃自分を育ててくれた藤原秀衡の下を目指し、京より奥州平泉へ逃亡を図ります。
  義経は北国へ落ちのびる際、北陸道、石川県を通過したとされており、石川県各地に義経の伝説が残されています。小松市でも安宅の関と安宅住吉神社など足跡を残しています。
 源平合戦ゆかりの地として斉藤実盛の兜を奉納してある多太神社も見学します。

もっと読む

南加賀の小さな城下町大聖寺の流し舟と町並み

 石川県の最南西に位置する加賀市は、かつて加賀百万石の支藩で、「大聖寺十万石」として栄えました。小さな地域ながら海や丘陵、河川などの自然とともに、城下町独特の文化が点在し、まさに日本の歴史の縮図といえます。
 情緒ある城下町を散策し、町なかをゆっくりと流れる旧大聖寺川を船頭さんの手こぎで巡る「大聖寺流し舟」は、街中でありながら静寂のひと時を過ごせるでしょう。 大聖寺めぐりの後は、加賀料理のばん亭にて「大聖寺点心」の昼食でお楽しみ下さい。

もっと読む