南加賀の小さな城下町大聖寺の流し舟と町並み

ツアー概略

  石川県の最南西に位置する加賀市は、かつて加賀百万石の支藩で、「大聖寺十万石」として栄

大聖寺流し舟

えました。小さな地域ながら海や丘陵、河川などの自然とともに、城下町独特の文化が点在し、まさに日本の歴史の縮図といえます。
情緒ある城下町を散策し、町なかをゆっくりと流れる旧大聖寺川を船頭さんの手こぎで巡る「大聖寺流し舟」は、街中でありながら静寂のひと時を過ごせるでしょう。 大聖寺めぐりの後は、加賀料理のばん亭にて「大聖寺点心」の昼食でお楽しみ下さい。

出発日

団体・グループで貸切承り中(受注型企画旅行):お問合せ下さい

平成26年3月より

ツアー料金 目安の金額です

大人 8,800円 小人 6,800 円(3歳~中学生未満)(2歳以下は無料)
申込金@1,800円 残りの旅行代金は旅行当日係員にお支払い頂きます。(募集型企画旅行の場合)

人数

限定15名 (最少催行人数4名)

その他

食事条件:朝なし、昼食付き、夕なし

添乗員:なし、現地ガイド(大聖寺ボランティアガイド)

交通機関:徒歩

旅程

日次 旅程
1日目

09:00 JR大聖寺駅 集合
    ↓
山ノ下寺院群(実相院・全昌寺等)
    ↓
町並み散策(時鐘堂・旧中木家等)
    ↓
大聖寺流し舟
    ↓
ばん亭(加賀料理の昼食)
    ↓
13:00 JR大聖寺駅 解散

 

見どころ

山ノ下寺院群 全昌寺
大聖寺は加賀藩の支藩十万石の城下町で、往時の伝統文化が残る落ち着いた町。大聖寺の南端にある、7つの寺院が集まったエリアが山の下寺院群。藩主前田家の菩提寺で萩の寺として有名な実性院や五百羅漢のある全昌寺などが見どころです。大聖寺山ノ下寺院群
大聖寺の町並み
  代表的な文化である九谷焼や大聖寺十万石の面影を残す町並み、大聖寺出身の深田久弥、そして大聖寺を歩いた松尾芭蕉。普段見落としがちな所も時間をかけゆっくり歩きながら、文化と歴史、ゆかりの人物に触れる散歩道です。 大聖寺の街並み
大聖寺流し舟
かつて加賀百万石の支藩で「大聖寺十万石」として栄えた城下町の風情を楽しめる屋形船。川沿いはサクラの名所で、季節ごとにアヤメ・チューリップ・アジサイ・バラなどのさまざまな花が彩る。車道からとは違った景色を味わえるのが魅力。まだまだ観光地化されていないので静かに風情を味わえるでしょう。

大聖寺流し舟

加賀料理ばん亭
加賀平野は、海の幸、野の幸、山の幸が最も望ましい状態で手に入る土地に恵まれています。大聖寺は、北陸の風土が生んだ本来の味に、京都の味が持ち込まれ、前田藩による江戸の味が加わり、独特な食文化が育った町です。前田様のご家来たちが、いろいろ試みた素材と発想の出会いが、加賀料理の基本になっています。ばん亭では加賀料理の三大特徴であります新鮮な素材と、豪華な演出でもてなし、充分な量を味わい、楽しく食べていただけることを喜びといたしております。加賀ばん亭

このツアーの申込・予約へ 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です