法師 貴賓室 延命閣

法師の庭園の中央に位置する延命閣は、明治時代に宮大工の手によって建てられた総檜の御殿造りの建物です。
鉄の釘は一本も使わずに組み上げられており、天井は格天井で高く、障子は黒ウルシ塗り、唐紙は金箔で引き手にメノウを使い、典雅な美は法師の自慢です。

もっと読む