小松の美 町人文化を訪ねて

霊峰白山のふところに抱かれ日本海を望む自然あふれる街・小松は、加賀百万石前田家の三代目「前田利常」が隠居した小松城を中心とした城下町で、金沢の武家文化と対照的に茶の湯・畳表・絹織物・菓子などの町人文化が今でも伝えられています。

ツアー概略

 宮本三郎美術館霊峰白山のふところに抱かれ日本海を望む自然あふれる街・小松は、加賀百万石前田家の三代目「前田利常」が隠居した小松城を中心とした城下町で、金沢の武家文化と対照的に茶の湯・畳表・絹織物・菓子などの町人文化が今でも伝えられています。 数々の伝統文化の中に美術館や九谷焼の歴史施設や町並み景観など隠れた見どころが多く、また近くには安宅漁港、カニで有名な加賀の橋立漁港があり日本海で採れる荒波にもまれ身のしまった新鮮でおいしい魚介類が豊富に揃います。

出発日

平成26年4月より、毎週 月・火・水・木・金曜日(特定日は除きます)
グループ・団体貸切にて承り中(受注型企画旅行):お問合せ下さい

ツアー料金 旅行代金の目安です

大人 4,800円 小人 3,800 円(3歳~中学生未満)(2歳以下は無料)
申込金@1,000円 残りの旅行代金は旅行当日係員にお支払い頂きます。(募集型企画旅行の場合)

参加人数

限定22名 (最少催行人数5名)

その他

食事条件:朝なし、昼付き夕なし
添乗員:現地ボランティアガイドが案内します
交通機関:徒歩

旅程

日次 旅程
1日目

9:30       JR小松駅・小松空港 集合
----
----錦窯展示館
----
 ----宮本三郎美術館
 ----
----本陣記念美術館
----
----西町・東町寺院群
----
----寿司割烹竹屋(昼食)
----
13:10  JR小松駅 解散

見どころ

錦窯展示館

錦窯とは、錦焼すなわち上絵付に用いる釜のことを指します。展示館建物は九谷焼作家・徳田八十吉氏が三代にわたって工房兼住居としていた建物で、昭和初期の木造家屋を改修したものです。館内には錦窯本体の他、徳田八十吉氏の作品や貴重な資料も多数展示されています。小松 錦窯展示館

宮本三郎美術館
宮本三郎(1905-1974)は、石川県小松市に生まれた洋画家です。戦争を乗り越え、二紀会を創立、写実の奇才と評されました。1980年生誕地に宮本三郎記念美術館が誕生、さらに1998年、遺族より作品の寄贈を受け、小松の文化ゾーンに新たな美術館を建設、2000年に開館しました。これに伴い、記念美術館も「宮本三郎ふるさと館」としてリニューアルしました。宮本三郎の画業とその魅力を様々な視点からご紹介しています。宮本三郎美術館
 本陣記念美術館
小松市出身の本陣甚一氏(元北國銀行頭取)が収集された美術品を昭和63年に小松市に寄贈され、平成2年にふるさとの芸術文化の発展を願う本陣氏の意向を受け、小松市立本陣記念美術館を開館しました。収蔵品は近現代の正統派日本画を中心に油彩画、古九谷、漆工品など多岐にわたっています。世界的な建築家黒川紀章による建物は江戸時代の蔵を現代風にアレンジしたユニークな円筒形をしています。小松市 本陣記念美術館
寿司割烹 竹屋
個人店ならではの暖かさを大切に、今も家庭的な雰囲気を大切にしております。食材は最上のものを選ぶ事から始まり、心こめたおもてなしなど、祖父から父へ、そして三代目へと言葉では伝えられないコツ・お客様を大切にする心を受け継いで参りました。その季節に旨い海の幸、山の幸を存分に、選りすぐりの素材で、基本を押さえた職人の技をご賞味下さい。特性の「お祭りにぎり寿司」を賞味いただきます。竹屋寿司

このツアーの申込・予約へ 

食の世界遺産 と湧水の町美川発見

猛毒を持つふぐの卵巣を無毒化する糠漬・粕漬の驚異をさぐり、平成の名水百選「白山美川伏流水群」に泳ぐ珍しい淡水魚「トミヨ」を観察。日本海や手取川の旬も天然物にこだわり続ける割烹「なべ長」で味わえます。金沢近郊白山市美川地域を一度訪ねてみませんか。

ツアー概略

保存食(発酵食品)糠漬け・粕漬けの中でも世界でもただ一

安産川とミクリ

つと言われる猛 毒を持つ「ふぐの卵巣のぬか漬」は「食の世界遺産」ともいわれます。その究極の食品の製造・加工場を見学します。「食」の石川県観光スペシャルガイド荒木敏 明氏より説明・解説してもらいます。

 猛毒を持つふぐの卵巣を無毒化する糠漬・粕漬の驚異をさぐり、平成の名水百選「白山美川伏流水
群」に泳ぐトミヨを観察。日本海や手取川の旬も天然物にこだわり続ける割烹「なべ長」で味わえます。金沢近郊白山市美川地域を一度訪ねてみませんか。

出発日

平成26年4月より、毎週 月・木・金・土曜日(特定日は除きます)
グループ・団体貸切承り中(受注型企画旅行):お問合せ下さい

ツアー料金 目安の料金です

大人 ,800円 小人 3,800 円(3歳~中学生未満)(2歳以下は無料)

参加人数

4~20名程度

その他

食事条件:朝食なし、昼食付き、夕食なし 添乗員:なし 交通機関:徒歩

旅程

日次 旅程
1日目

JR美川駅(北陸本線:金沢駅より22分/小松駅より16分)

10:00  JR美川駅(集合)

----食の世界遺産:ふぐの糠漬・粕漬の加工場
----(食のスペシャルガイドより説明・試食)

----白山美川伏流水群

----安産川流域・トミヨの観察

----割烹料理「なべ長」(昼食)

13:30  JR美川駅(解散)

見どころ

「食の世界遺産」フグのぬか漬・粕漬加工場
奇跡の毒抜きと呼ばれる、石川県が誇る食の文化遺産「ふぐのぬか漬」特に猛毒のふぐの卵巣のぬか漬は食の世界遺産のNo1候補と言われます。 「こんかニシン」「ふぐの粕漬け」といった珍味も北前船とゆかりが深いとされています。本吉港に北前船が出入りした頃、瀬戸内の「塩」と北海道の「海産物」が組み合わされて出来上がったものといわれています。漬物の中で、ふぐの猛毒が詰まった卵巣を糠漬などの製品にする免許を取得できるのは、全国でも石川県だけです。世界的にも他に類を見られません。石川県の観光スペシャルガイド㈱あら与7代目主人の「荒木敏明氏」より説明していただきます。奇跡の毒抜き(石川新情報書府より)
白山美川伏流水群
白山美川伏流水群とは、日本三名山(三霊山)といわれる白山連峰を源とした伏流水が、手取川扇状地の地下を長い年月をかけて流れ、手取川河口付近の日本海に面する白山市美川地域で湧き出る清澄な「水」の湧き出る地域の総称です。白山は女神様・水の神様と古くから信仰され夏でも残雪がある西日本唯一の2000mを超える山で標高2702m。恐竜の時代からの良好な地下層で数十年から百年近く浄化され湧き出る水です。近年とても良好でおいしい軟水であることが分かりました。
トミヨの観察(安産川)

安産川(やすまるがわ)はその昔、川の名のごとく、「その川の水を飲むと諸病を癒し、妊婦に飲ませると安産となる」という言い伝えがあり、白山を源流とした湧き水だけが流れる手取川河口付近の支流です。その川に生息する希少種の淡水魚「トミヨ」は体長5センチ程度の小魚ですが、巣をつくり卵を育てる珍しい習性と夏でも冷たい水を好むため、湧水がある場所にしか生息できない、最近では珍しくなった生物です。全国的にも数が極端に減少し、石川県でも数箇所に細々と生息する幻の魚といえるでしょう。トミヨ

割烹なべ長

【 日本海のお魚(美川湾の水揚げ) ・ 手取川の天然鮎 ・ 手づくりの味 新鮮な天然魚と手作りにこだわっています! 】
☆北陸名産の甘えびとズワイ・コウバコガニ※冬場はおおむね召し上がれます。
☆ふぐ料理は要予約です。
☆4月から5月には、手取川の河口にそ上するすべり料理を堪能できます。
☆6~9月は手取川の天然鮎(あゆ)料理をお召し上がりいただけます。
カニ・フグ・鮎など海や川の幸、松茸など山の幸を使った本物の旬の味を満喫できます。

日本海手取川の幸
春=すべり・松露、夏=鯛・鰻、秋=鮎・松茸、冬=鰤・蟹・ふぐ 
料理の素材、特に新鮮な天然魚にこだわり続けます。日本海の本物の四季折々の旬の味を心ゆくまでご堪能ください。

このツアーの申込・予約へ 

南加賀の小さな城下町大聖寺の流し舟と町並み

 石川県の最南西に位置する加賀市は、かつて加賀百万石の支藩で、「大聖寺十万石」として栄えました。小さな地域ながら海や丘陵、河川などの自然とともに、城下町独特の文化が点在し、まさに日本の歴史の縮図といえます。
 情緒ある城下町を散策し、町なかをゆっくりと流れる旧大聖寺川を船頭さんの手こぎで巡る「大聖寺流し舟」は、街中でありながら静寂のひと時を過ごせるでしょう。 大聖寺めぐりの後は、加賀料理のばん亭にて「大聖寺点心」の昼食でお楽しみ下さい。

ツアー概略

  石川県の最南西に位置する加賀市は、かつて加賀百万石の支藩で、「大聖寺十万石」として栄

大聖寺流し舟

えました。小さな地域ながら海や丘陵、河川などの自然とともに、城下町独特の文化が点在し、まさに日本の歴史の縮図といえます。
情緒ある城下町を散策し、町なかをゆっくりと流れる旧大聖寺川を船頭さんの手こぎで巡る「大聖寺流し舟」は、街中でありながら静寂のひと時を過ごせるでしょう。 大聖寺めぐりの後は、加賀料理のばん亭にて「大聖寺点心」の昼食でお楽しみ下さい。

出発日

団体・グループで貸切承り中(受注型企画旅行):お問合せ下さい

平成26年3月より

ツアー料金 目安の金額です

大人 8,800円 小人 6,800 円(3歳~中学生未満)(2歳以下は無料)
申込金@1,800円 残りの旅行代金は旅行当日係員にお支払い頂きます。(募集型企画旅行の場合)

人数

限定15名 (最少催行人数4名)

その他

食事条件:朝なし、昼食付き、夕なし

添乗員:なし、現地ガイド(大聖寺ボランティアガイド)

交通機関:徒歩

旅程

日次 旅程
1日目

09:00 JR大聖寺駅 集合
    ↓
山ノ下寺院群(実相院・全昌寺等)
    ↓
町並み散策(時鐘堂・旧中木家等)
    ↓
大聖寺流し舟
    ↓
ばん亭(加賀料理の昼食)
    ↓
13:00 JR大聖寺駅 解散

 

見どころ

山ノ下寺院群 全昌寺
大聖寺は加賀藩の支藩十万石の城下町で、往時の伝統文化が残る落ち着いた町。大聖寺の南端にある、7つの寺院が集まったエリアが山の下寺院群。藩主前田家の菩提寺で萩の寺として有名な実性院や五百羅漢のある全昌寺などが見どころです。大聖寺山ノ下寺院群
大聖寺の町並み
  代表的な文化である九谷焼や大聖寺十万石の面影を残す町並み、大聖寺出身の深田久弥、そして大聖寺を歩いた松尾芭蕉。普段見落としがちな所も時間をかけゆっくり歩きながら、文化と歴史、ゆかりの人物に触れる散歩道です。 大聖寺の街並み
大聖寺流し舟
かつて加賀百万石の支藩で「大聖寺十万石」として栄えた城下町の風情を楽しめる屋形船。川沿いはサクラの名所で、季節ごとにアヤメ・チューリップ・アジサイ・バラなどのさまざまな花が彩る。車道からとは違った景色を味わえるのが魅力。まだまだ観光地化されていないので静かに風情を味わえるでしょう。

大聖寺流し舟

加賀料理ばん亭
加賀平野は、海の幸、野の幸、山の幸が最も望ましい状態で手に入る土地に恵まれています。大聖寺は、北陸の風土が生んだ本来の味に、京都の味が持ち込まれ、前田藩による江戸の味が加わり、独特な食文化が育った町です。前田様のご家来たちが、いろいろ試みた素材と発想の出会いが、加賀料理の基本になっています。ばん亭では加賀料理の三大特徴であります新鮮な素材と、豪華な演出でもてなし、充分な量を味わい、楽しく食べていただけることを喜びといたしております。加賀ばん亭

このツアーの申込・予約へ