義経・源平ゆかりの地と「料亭まつや」で昼懐石

 兄の頼朝に追われる身となった義経は、幼い頃自分を育ててくれた藤原秀衡の下を目指し、京より奥州平泉へ逃亡を図ります。
  義経は北国へ落ちのびる際、北陸道、石川県を通過したとされており、石川県各地に義経の伝説が残されています。小松市でも安宅の関と安宅住吉神社など足跡を残しています。
 源平合戦ゆかりの地として斉藤実盛の兜を奉納してある多太神社も見学します。

もっと読む