南加賀の小さな城下町大聖寺の流し舟と町並み

 石川県の最南西に位置する加賀市は、かつて加賀百万石の支藩で、「大聖寺十万石」として栄えました。小さな地域ながら海や丘陵、河川などの自然とともに、城下町独特の文化が点在し、まさに日本の歴史の縮図といえます。
 情緒ある城下町を散策し、町なかをゆっくりと流れる旧大聖寺川を船頭さんの手こぎで巡る「大聖寺流し舟」は、街中でありながら静寂のひと時を過ごせるでしょう。 大聖寺めぐりの後は、加賀料理のばん亭にて「大聖寺点心」の昼食でお楽しみ下さい。

もっと読む