小松の美 町人文化を訪ねて

霊峰白山のふところに抱かれ日本海を望む自然あふれる街・小松は、加賀百万石前田家の三代目「前田利常」が隠居した小松城を中心とした城下町で、金沢の武家文化と対照的に茶の湯・畳表・絹織物・菓子などの町人文化が今でも伝えられています。

ツアー概略

 宮本三郎美術館霊峰白山のふところに抱かれ日本海を望む自然あふれる街・小松は、加賀百万石前田家の三代目「前田利常」が隠居した小松城を中心とした城下町で、金沢の武家文化と対照的に茶の湯・畳表・絹織物・菓子などの町人文化が今でも伝えられています。 数々の伝統文化の中に美術館や九谷焼の歴史施設や町並み景観など隠れた見どころが多く、また近くには安宅漁港、カニで有名な加賀の橋立漁港があり日本海で採れる荒波にもまれ身のしまった新鮮でおいしい魚介類が豊富に揃います。

出発日

平成26年4月より、毎週 月・火・水・木・金曜日(特定日は除きます)
グループ・団体貸切にて承り中(受注型企画旅行):お問合せ下さい

ツアー料金 旅行代金の目安です

大人 4,800円 小人 3,800 円(3歳~中学生未満)(2歳以下は無料)
申込金@1,000円 残りの旅行代金は旅行当日係員にお支払い頂きます。(募集型企画旅行の場合)

参加人数

限定22名 (最少催行人数5名)

その他

食事条件:朝なし、昼付き夕なし
添乗員:現地ボランティアガイドが案内します
交通機関:徒歩

旅程

日次 旅程
1日目

9:30       JR小松駅・小松空港 集合
----
----錦窯展示館
----
 ----宮本三郎美術館
 ----
----本陣記念美術館
----
----西町・東町寺院群
----
----寿司割烹竹屋(昼食)
----
13:10  JR小松駅 解散

見どころ

錦窯展示館

錦窯とは、錦焼すなわち上絵付に用いる釜のことを指します。展示館建物は九谷焼作家・徳田八十吉氏が三代にわたって工房兼住居としていた建物で、昭和初期の木造家屋を改修したものです。館内には錦窯本体の他、徳田八十吉氏の作品や貴重な資料も多数展示されています。小松 錦窯展示館

宮本三郎美術館
宮本三郎(1905-1974)は、石川県小松市に生まれた洋画家です。戦争を乗り越え、二紀会を創立、写実の奇才と評されました。1980年生誕地に宮本三郎記念美術館が誕生、さらに1998年、遺族より作品の寄贈を受け、小松の文化ゾーンに新たな美術館を建設、2000年に開館しました。これに伴い、記念美術館も「宮本三郎ふるさと館」としてリニューアルしました。宮本三郎の画業とその魅力を様々な視点からご紹介しています。宮本三郎美術館
 本陣記念美術館
小松市出身の本陣甚一氏(元北國銀行頭取)が収集された美術品を昭和63年に小松市に寄贈され、平成2年にふるさとの芸術文化の発展を願う本陣氏の意向を受け、小松市立本陣記念美術館を開館しました。収蔵品は近現代の正統派日本画を中心に油彩画、古九谷、漆工品など多岐にわたっています。世界的な建築家黒川紀章による建物は江戸時代の蔵を現代風にアレンジしたユニークな円筒形をしています。小松市 本陣記念美術館
寿司割烹 竹屋
個人店ならではの暖かさを大切に、今も家庭的な雰囲気を大切にしております。食材は最上のものを選ぶ事から始まり、心こめたおもてなしなど、祖父から父へ、そして三代目へと言葉では伝えられないコツ・お客様を大切にする心を受け継いで参りました。その季節に旨い海の幸、山の幸を存分に、選りすぐりの素材で、基本を押さえた職人の技をご賞味下さい。特性の「お祭りにぎり寿司」を賞味いただきます。竹屋寿司

このツアーの申込・予約へ 

乗って見て体験して 南加賀交通産業観光体験ツアー

旅は乗り物から始まる、交通機関の結節点ともいえる南加賀小松を中心に、能登でも金沢でもない加賀地方の隠れた魅力を探る

ツアー概略

 本州日本海側のほぼ中央(交通の結節点)である北陸石川県加賀地区にて、小松空港を中心とした交通(乗り物)をテーマにしたなかよし鉄道、体験交流を通じて、交通の歴史や乗り物・交通に特化した産業観光は日本経済の内需拡大に貢献すると思います。
航空機、バス・車、鉄道などの乗車・体験・見学を主体にした旅行の手段である乗り物にこだわるツアーです。
NPO法人ヘリテージ・オブ・レイル北陸の専門ガイドが全行程案内説明します。

出発日

平成26年3月より、随時受付、団体貸切にて承り中(受注型企画旅行):お問合せ下さい

ツアー料金 旅行代金の目安

大人 8,800円 小人 5,800 円(3歳~中学生未満)(2歳以下は無料)

募集人数

限定22名 (最少催行人数10名)

その他

食事条件:朝なし、昼付き、夕なし
添乗員:同行
交通機関:小型バス又は観光タクシー

旅程

日次 旅程
1日目

08:30  小松空港・JR小松駅(集合)
↓        JR北陸線にて乗車移動
09:00  JR動橋(いぶりばし)駅(明治30年製と明記された、北陸本線現役最古の駅舎)
↓        徒歩移動
09:10  動橋駅前の町並み散策酒蔵(北國街道宿場町・橋本酒造酒蔵と資料館見学)
↓        バス移動
10:00  日本自動車博物館又はなかよし鉄道(元尾小屋鉄道の保存車両に乗車又は見学)
↓        バス移動

10:30  石川県立航空プラザ(日本海側最大の航空資料館・YS11フライトシュミレーター体験など)  又は 産業観光見学:航空自衛隊小松基地・ジェイバス小松工場・コマツ粟津工場
↓        バス移動(元今庄駅の老舗駅弁屋さん「高野商店」の弁当の昼食)

12:30  能美市立博物館・能美電広場(30年前に廃止になった能美電の電車を見学)

↓        バス移動

13:30  北陸鉄道鶴来駅(昭和初期の木造モダン駅舎と電車の修理工場)

↓        北陸鉄道石川線にて乗車移動

15:00  西金沢駅・金沢野町駅(金沢解散の方はこちらにて)

↓        JR北陸線にて乗車移動

16:00  JR小松駅・小松空港(解散)

※上記の陸上交通の他に、加賀大聖寺流し船、戦艦三笠ミュージアム、北前船の里資料館などの水上交通に関する施設もあります。

見どころ

JR動橋駅(いぶりばしえき)

動橋駅は北陸線開業に先駆けて明治30年3月に建築。「白鳥」「雷鳥」などが停車し、昭和45年の加賀温泉駅開業まで、加賀温泉郷の拠点として多くの観光客で賑わいました。北陸最古の現役駅舎です。
動橋駅

動橋の旧北國街道と酒蔵

 動橋駅より旧北國街道の小さな駅前通りを5分ほど歩くと、250年以上前に創業した老舗の酒蔵「橋本酒造」に到着します。銘酒「大日盛」の試飲と酒蔵資料館の説明をしていただきます。

なかよし鉄道

昭和52年に廃止された際、多くの鉄道愛好者や地元の住民から「最後の軽便鉄道」「ポッポ汽車」「マッチ箱」と可愛がられた尾小屋鉄道。線路幅が76cmと新幹線の半分のミニサイズ。今でも週3回、子供たちを乗せて走っています。
なかよし鉄道

石川県立航空プラザ

日本海側で最大の規模を誇る石川県立航空プラザ。戦闘機や旅客機の展示や航空関係の資料が豊富で見ごたえあります。プロのパイロットも使用したといわれるYS11国産旅客機のフライトシュミレーターでは、実際に航空機の操縦体験ができます。
石川県航空プラザ フライトシュミレーター

北陸鉄道石川線と鶴来駅

かつては福井県勝山市~岐阜県大垣市を通って名古屋へ繋ごうとした壮大な計画路線、金名線。昭和59年までは石川県旧鳥越村の「白山下」まで結んでいました。このツアーでは鶴来駅から金沢まで乗車します。鶴来駅は終点で昭和初期の木造モダン駅舎とすぐ隣に修理工場があります。
北陸鉄道 鶴来駅

南加賀産業観光
■航空自衛隊小松基地
小松基地は昭和36年に開設された日本海側唯一の戦闘機部隊が所在する基地です。
小松基地

■コマツ粟津工場
ブルドーザー、油圧ショベル、ホイールローダ、モーターグレーダ等を生産しています。

■ジェイバス小松工場
主に観光バスを製造しており、事務、技術、設計と大・中・小型バスの生産工場を1つに集約。シンプル&クリーン設計で、ひとつの建物の中ですべてが完成するという特徴を持った、世界でもトップクラスのバス生産工場です。
ジェイバス小松工場

このツアーの申込・予約へ